いり江

以前祖母と来たことがあるいり江さん。


以前来たことがあると言ってもかなり前だ。


私もまだ学生で、祖母も生きていたのだから15年くらい前か。


あの日は何のために門仲に来たのだろう。


よく覚えていない。


親戚も友人もいないこの街に老婆と2人で足を運んだのだからまあ、おそらくは不動さんか富岡八幡へ来たのだろうが祖母と鳥居をくぐった記憶は残念ながら、ない。


だが、いり江のことははっきり覚えている。


なぜかっておばあちゃんが豆かんというのを頼んだから。


豆と寒天だけのシンプルメニュー。


「普通ここはあんみつかかき氷じゃないの?」私が聞くと祖母は、「ここは寒天が有名だから」と嬉しそうに豆を掬い中から半透明の寒天を出して頬張った。


私も少しばかりお裾分けしてもらった。


自家製という寒天の良さがあの日は正直よく分からなかったが、今日は何とはなしに分かった気がする。


歳を取ったというのと、横に娘がいたからというのと、まだまだあの日の婆さんの年齢より若いはずだが。


まだ小学校に入ったばかりで当然甘いものが好物の娘は豆かんを食べる私を訝しそうに見つめた。


ここは寒天が有名だから、と、説明する他なかった。


意味が分かったのかどうか謎だが、娘は私の器に手を突っ込み寒天を食べた。


ケンタッキーフライドチキン光が丘店

下の娘の幼稚園の友達のママたちと今日は公園へ行ってきました。


光が丘公園は大江戸線の光が丘駅からすぐです。


たぶん練馬区です。


なんでこんな遠出したかというとちょっとしたフリーマーケットがあるらしいからです。


私はそれほど興味がなかったけどどうしてもというママがいらっしゃり。


 それにしても光が丘公園て驚く程広いんですね。


びっくりしました。


初めてきたけど遊具も自然も多くて最高。


電車に乗ってはるばる来た甲斐がありました。


 お昼は駅前に一度戻ってきてケンタッキーフライドチキンを大量に購入。


ジュースなども買ったらママは全員両手がいっぱいになっちゃいましたよ。


豪華。


子供の分は骨のないメニューを、私たちはちゃんとオリジナルチキンをいただきました。


あんまりケンタッキーって入らないんですよ。


というか普段ファーストフードをほとんど食べないんですけど。


だけど久しぶりに食べたら美味しかった。


なるほどたくさんコマーシャル流れているわけですね。


それにしても外で食べるのって気持ちいいですよね。


あと、チキンという選択が良かったです。


ピクニック感が一気に高まりました。


 今度はパパの車で来たいな。


電車よりも楽ちんだもの。


本当、晴れてて気持ちよかったし良い公園でした。


ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム

麹町のラーメン店ソラノイロソルトアンドマッシュルームはけっこうな有名店。


今日は2号店ができたので行ってみた。


塩煮干しそばを注文。


こちら780円。


ラーメン足るものワンコインで、せいぜい600円台で提供して欲しいとはすこし思ってしまうが立地とこだわり等を加味すればまあしょうがない。


ぎりぎり許せる700円台。


思ったより煮干煮干してなくってびっくり。


これはこれで食べやすい。


上品な味わいというとずいぶん心がこもってないような響きになってしまうがなかなかどうして上品なのだ。


昨今よく見られる動物系と節系Wスープという流行もあるがこういったシンプルなラーメンの方がけっこう私は好きだな。


トッピングが映えるのだよ。


味がシンプルな分チャーシューをチャーシューとしてゆっくり楽しむことができた。


だから自然麺も意識的に食せる。


麺は渡辺製麺だそうだ。


中太麺はしっかりと食べごたえがある感じ。


塩ラーメンらしからぬ太さだが意外と相性がいいのだ。


そう思わせるのもスッキリスープがよくできているからでしょうなあ。


他にもキノコノベジソバなど楽しそうなメニューがたくさん。


いつか食べなくてはならない、とは思うものの麹町にくる機会は年に数回。


次も塩、食いたいしなあ。


うーん。


かに八

仙台に出張じゃあ!昔、だいーぶまえですけど、1年ぐらい住んでいたんですよ。


仙台市に。


とはいえ、仙石線(仙台―石巻線)の福田町というところに住んでいたので、都心部の方にはいなかったんだけどね。


なつかしー!仕事おわって、時間が余ったのでいろんなところを散策してまいりました。


昔住んでいた福田町周辺はえらいいろいろ変っていて、コズルシンデン?っていう新しい駅が一つ増えておりました。


それもそのはず、当時工事していた東北学院高校がもう開校されてるんだもんね。


駅ができたおかげか、本当に何もない田園地帯だった面影がまるでない。


スーパーもたくさんできてたし!昔の思い出に浸りながら散策を終えると、仙台駅周辺まで戻ってきました。


仙台で食べるもの・・・牛タンと思いました?ちがいます。


あまいでーす!全然なってないデース!かにですよ、かに。


特別仙台の名産になっているわけではないのですが、とってもおいしいかに八さんという食事屋さんがあるんですよこれが。


しかも今回は接待なので、結構高級なんですが、よゆーでお支払いが会社なんですよ。


サラリーマンばんざーい。


掛け軸のかかっている個室なんて、わたくし任侠物の映画でしかあんまりみたことないっすわ。


すごいいい雰囲気。


ここ歴史かなり長いそうで、落ち着いた雰囲気もグッド。


かには言うまでもなくうまい!大満足でした。


アテスウェイ

東京女子大近くにあるアテスウェイ。


最近気に入っているケーキ屋さんです。


私は吉祥寺から歩いていくけど西荻の方がおそらく近いでしょう。


吉祥寺からは15分強くらいかかるけれど西荻窪の駅からは徒歩10分とネットに書いてありました。


お店はケーキを売っているだけでなく、中と外にも席がありちょっとしたカフェになっています。


ケーキはもちろん持って帰れますが静かな店内でいただくというのもいいですね。


雰囲気よいお店でゆっくりスイーツを食べる贅沢な午後でした。


会社の同僚と2人で行ったのだけど、彼女も大満足で良かった。


今日はヌガーパッションというケーキを食べました。


コーヒーにぴったり。


すごく幸せな気分。


毎日来たいけど吉祥寺方面へは研修がある日しか来れないのでお土産に他のケーキを購入。


あとクロワッサンも売っていたので買ってきました。


一つ200円。


明日の朝食用と思っていたけど、先ほど一個ぺろりと食べちゃった。


さすがスイーツショップの仕事だけあってパンも上品で美味しい!バターの香りが好きな人は絶対にファンになるお味でしたよ。


もっと大量に買ってくれば良かったと早々に後悔しました。


また近くに来たら食べに行きたいです。


リピーターになること確定なのです。


ひもの屋網十浅草橋店

えらくバタバタとした一日だった。


ある会社の取材同行だったが、いつものことながらかなり下働き感は高し。


まあしょうがない、文句は言えないもののこれが仕事と思うと涙すら。


だってふつうに車動かしたり、買い物行ったりとそれ俺の仕事か?というレベルのものも多かった。


しかも今日は浅草橋。


そんなところ行ったことねえよ、と思ったが帰りぎわ思い出した。


近くに友達が住んでいるんですよ。


と、言う訳でこんな日は飲むしかない。


友人は思いの外あっさり来てくれた。


この辺でおすすめの店はと、聞くと一軒思い当たる節があるとのこと。


着いて行くとひもの屋系列だった。


知っている。


チェーン店ながらちゃんとした魚を出してくれる店。


他の地域の店は何度か行ったことがあり印象も悪くない。


で、今日は大判振る舞い、金目鯛を注文。


一枚1280円とちょっと頑張った金額ながら美味しさは本物だった。


しっかりとした厚みのある鯛はジューシーでまた香りもいい。


この店もちゃんと炭火で焼いているのかなあ。


本当に美味しかった。


急な誘いにも関わらずやって来てくれた友人に感謝。


それにしても鯛は印象的でしたなあ。


3000円そこそこながらちゃんと飲めたし何より美味しかった。


満足度高い店ですな。


また浅草橋集合はありそうな雰囲気ですから、またよろしくね。


ケンタッキーフライドチキン府中競馬場店

十時半に東京競馬場に着いた。


意外と空いていたので良かった。


最近は大きなレースの日でもそんなに混まない。


もちろん年に数度はすごい人ごみにまみれてしまうこともあるにはあるが。


今日もさすがにスカスカ。


まあ普通の土曜日なのだからこんなものだろう。


阪神のレースと合わせ午前は4レース。


残念ながら3000円の負けだった。


もし調子良ければちゃんとしたレストランでビール付きと思っていただけに残念だ。


本日のメインレースにがっつり賭けるためにも昼飯は手加減、ケンタッキー。


実は競馬場内にも店舗があるのだ。


たまに利用している。


とは言え、ケンタッキーってうまいよな。


で、値段もそこそこやで。


少年ジャンプ一冊分程度の価格でやっと1ピース買える。


これ普段だったら手加減でなくかなり気合入ったランチですよ。


そう、チキンを頬張りながら切に思う。


ついでにチキンカツサンドを食う。


競馬場におけるこの「勝つ」的な語呂合わせには正直鼻白む思いがするがまあ今日は良いだろう。


勝ちたいのだ。


そして、単純に美味しいじゃないか。


と、気付けばドリンク合わせ1000円弱の投資となった。


あれ、やばいな、こんなはずじゃあ。


午後はそこそこ勝たないと収支が合わない。


さあ頑張らねば。


北野水産 大曲駅前店

大学時代の友達が、仕事で遊びに?来ました。


隣県の岩手県で一泊した後、秋田市で仕事があるとのことで、もしよければ道すがら、お前の地元によらせてもらえないかと声をかけてくれたのです。


すごく久しぶりだったので、結構変わっているかな、と思いましたが、彼は全く変わっていませんでした。


一方で、劇的な太り方をした僕を見て、エスカレーターを降りながら彼は腹抱えて笑っていました。


僕は一切笑っていませんでしたが、腹は抱えることができたので、腹を抱えていました。


そんな無礼な友達と、飯でも食おうと居酒屋に。


まあ、とりあえず地元に遊びに来てくれたので、日本酒を飲もうという話になって店に入ったのですが、酒を飲み始めると、最近生まれた自分の子供の話しかしない。


なんなの?子供が生まれると、みんなこんな感じになってしまうの?子供のいろんな写真をみせてくるのだけれど、ぜんぜん、これっぽっちもかわいくなかった。


けれど、そこは僕も大人。


「へー、手が小さいねえ」などと、嘘ではないけれど、かわいいかどうかには全く触れずに大人の対応をしながら、時の流れを感じておりました。


刺身を注文した時に、お知り合いの店長さんがどうやら昔話に花を咲かせている僕たちを気遣って、おすすめの日本酒をくださいました。


ありがとう店長。


うなぎ藤田 浜松駅前店

東海道線を鈍行で東京から浜松までいってみた。


長い。


とにかく長い。


一人で詰将棋の本を読んでいたけど、読破してしまうぐらい長かった。


東京から神奈川までで一時間半はかかったと思うが、そっから静岡がまー、長いこと長いこと。


途中下車でもできればよかったんでしょうが、友達を待たすわけにもいかず、ずーっと電車に揺られ揺られておりましたよ。


一人詰将棋をしていると、隣に座ってたおっさんが、「にーちゃん将棋やるんか?棋力は?」ときいてきた。


正直、棋力などと言われても大会に参加したこともないし、どんなものなのかさっぱりわからん。


ボナンザというネットで出来る将棋ゲームには勝てたことはない。


そもそも棋力ってなんだ?53万です、みたいなことを言ってもどうせ通じるわけがないので、見栄っ張りな僕は「アマ一級ぐらいですかねー」とよく知りもしないのに吹いてみた。


すると、そのおっさん、なんと小型の将棋盤を取り出し、「もし暇ならあそばんか?」といってきた。


やばい。


絶対負ける・・・・・・・とおもったら、信じられないぐらいおっさんが弱かったので勝った。


拍子抜けした。


浜松について、友達が連れて行ってくれたのは藤田というお店。


浜松といえばうなぎでしょう。


やっぱ。


おいしい。


なんていうかとってもやわらかく、口の中でふんわりとろける感じ。


よかったよ。


麺屋えん寺

東高円寺だからなのかな「えん寺」という名前のお店。


ラーメン屋さんです。


男らしい名前に反してメニューは意外なポタージュ系でした。


ベジポタつけ麺というのが人気らしくさっそくそれを注文。


雑誌なんかでも紹介されたと店内にある通り、なるほど他にはないお味。


いろんな野菜が濃厚に溶け合ってスープはちょっと固め。


でもそれが麺に絡みまくるんです。


麺は二種類から選べ、お得感もありますね。


また、チャーシューがとろっとろ。


これだけのチャーシューを作るには相当時間を要すに違いない。


ちょっと味が濃いな、と言う方はスープで割れば問題なしでしょう。


またベジポタと言いながらも野菜くささというか青臭さもないので誰でもおいしくいただけるはず。


何より女性に人気でそうな味付けとネーミングだよね。


万人が喜ぶよ。


東高円寺来たら要チェックですよ。


東高円寺ピンポイントで来なくとも、確か中野から歩いて来れるから、散歩がてらに良いかもね。


徒歩15分とか聞いたことがあります。


この辺は意外とラーメン屋さん多くないからこのお店は重宝しそうです。


はるばるこのラーメンのためにってのもまあアリだと思うので気になったらトライしてみてください。


リピーターになる可能性は、そうね85%といったところっす。


ハチ公口 居酒屋